弁護士紹介

代表弁護士  田中 広太郎

学歴

2005年3月 慶應義塾大学法学部法律学科  卒業
2008年3月 慶應義塾大学大学院法務研究科 修了
 *大学院修了時,日本学生支援機構から「特に優れた業績を挙げたもの」に認定
   (成績優秀による)

 

経歴等

1975年12月 東京都で出生
1994年~   建設作業員、新聞配達を中心に幾つかの職業を転々とする
1998年~   スペイン語通訳
2008年11月 最高裁判所司法修習生(新第62期 修習地:松山)
2009年12月 弁護士登録
2013年10月 田中国際法律事務所 開設
2015年11月 法人化により弁護士法人品川国際法律事務所 開設

 

所属団体・役職等

東京弁護士会
在東京ペルー総領事館顧問弁護士
駐日キューバ大使館顧問弁護士 
在日本ペルー人協会顧問弁護士 
東京商工会議所会員 
在日本ブラジル商工会議所会員 

駐日キューバ大使館顧問弁護士

駐日キューバ大使
マルコス・ロドリゲス閣下と

在東京ペルー総領事館との調印式

在東京ペルー総領事館
ホルヘ・ハヨ総領事と

 

活動実績等

・著書・講演等

【講演・メディア出演等】

2012年 エラルド・エスカラ駐日ペルー大使とともに西語で共同講演
2013年 第5回FEMIPペルー人団体連盟世界大会にて国会議員・外交官らに西語で講演
2014年 エラルド・エスカラ駐日ペルー大使とともに西語で共同講演
    (他,スペイン語による講演実績多数)
2015年 北参道放送局「世界トモダチ計画」生放送出演
    (『取り調べで泣かないマル秘テクニック』)
2015年 北参道放送局「世界トモダチ計画」生放送出演
    (『LGBTの権利』)

【著書等】

2011年    名誉回復手段としての被疑者補償制度の活用(季刊刑事弁護新人特別賞受賞)
2013年12月  人権かながわ2013―事件報告
2016年10月~ スペイン語をしゃべる弁護士が見たキューバ(月刊The Lawyersに記事連載)
2016年12月  月刊The Lawyers誌2016年12月号「表紙の人」 に選ばれる
2017年  8月  『サンデー毎日』誌2017年9月3日号に取材記事掲載

・刑事弁護事件における主な実績

  1. 静岡県で誤認逮捕されたペルー人男性(窃盗被疑事件)につき、水戸地方検察庁で不起訴処分(嫌疑不十分から嫌疑なしへ変更)・東京高等検察庁で被疑者補償裁決
  2. 横浜市で起訴されたペルー人男性(傷害被告事件)につき、横浜地方裁判所で無罪判決(控訴されず確定)
  3. その他,日本国を短期訪問中に身柄拘束された外国人の刑事事件(空港内で逮捕されたケース等)につき、起訴前弁護により不起訴処分となったケース多数

 

弁護士紹介

代表弁護士  田中 広太郎田中広太郎弁護士は、高校卒業後すぐに大学に進学することができず、20代半ばを過ぎるまで建設作業員や夜勤のコンビニ店員などの職を転々としながら自活していました。新聞配達で生計を立てていた時期に「人生このままではまずい」と考え、毎晩午前1時から新聞を配りながらNHKの語学講座を聴いて英語とスペイン語を独学で習得して通訳として働くようになり、その後司法試験受験を決意し、現役の高校生たちに混ざって大学受験をし直し、大学に進学したというやや異色の経歴を有しています。

司法試験合格後は、語学を活かしてスペイン語・ポルトガル語関連法務や企業法務・外国と関わりのある芸能案件等を集中的に取り扱っております。また、これまでの人生経緯から、困っている人の役に立ちたいと常に考えており、こうした経緯から交通事故事件や外国人事件に特に力を入れています(冤罪事件,深刻な犯罪被害等の重大なスペイン語関連事件については,当事者及び関係する法曹関係者の方々に無償での通訳・翻訳業務の提供,刑事弁護支援等も行っております)。

特に,交通事故においては,医師や医療調査機関と密接に協力し,後遺障害案件及び死亡案件等の人身交通事故を集中的かつ専門的に取り扱っています。外国人の交通事故としては,スペイン語・ポルトガル語を母語とする方のほか,韓国・中国ご出身の方からのご依頼を多く扱っています。

多様な経験を活かして、幅広い分野で皆さんのお役に立ちたいと考えておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

●弁護士田中広太郎のブログ:
http://profile.ameba.jp/kotaro-tanaka/

●弁護士田中広太郎Facebook:
http://www.facebook.com/kotaro.tanaka.39

●過去のインタビュー例:
http://blog.livedoor.jp/bengoshiretsuden/archives/51259784.html

●その他実績等:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%BA%83%E5%A4%AA%E9%83%8E_(%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB)

 

弁護士  影山 新

学歴

2010年3月 栃木県立宇都宮高校 卒業
2010年4月 中央大学法学部法律学科 入学
2014年3月 中央大学法学部法律学科 卒業
2014年4月 一橋大学大学院法学研究科法務専攻専門職学位課程 入学
2016年3月 一橋大学大学院法学研究科法務専攻専門職学位課程 修了

経歴

2016年11月 最高裁判所司法修習生(新第70期 修習地:高松)
2018年 1月 都内法律事務所勤務
2018年 9月 弁護士法人品川国際法律事務所 入所

所属団体・役職等

東京弁護士会
民事介入暴力対策特別委員会

弁護士紹介

影山新弁護士は,栃木県の出身です。中央大学法学部に入学し,弁護士業務のやりがいを知り,弁護士になることを決心しました。近年の若手弁護士には珍しく,司法試験予備校を一切利用せず,独学と大学の研究機関の利用により,最初の挑戦で司法試験に上位合格しました。

趣味は筋トレです。毎日のようにジムに通って身体を鍛えています(尊敬する人はマッスル北村さん,今古賀翔さん。)。身体の健康を向上させることが,精神的な健康につながり,さらには弁護士業務の円滑かつ迅速な遂行にも役立つと信じ,日々精進しております。

弊事務所では,交通事故と企業法務の案件を特に多く取り扱っております。影山弁護士も,交通事故のエキスパートをめざし,法律手続についてはもちろんのこと,必要な医療知識を日々学ぶなど,研鑽を積んでおります。入所当初から多くの交通事故案件を担当しておりますが,案件が多いからといって機械的な処理をするようなことはなく,被害者の方に寄り添い,個々の案件すべてに真摯に向き合っております。具体的には,ご依頼者の個々の状況・真のご希望に最適の解決を実現すべく,丁寧な示談交渉・徹底的な訴訟・場合によっては紛争処理センター(ADR)といった様々な手続利用を駆使して,全案件に全力投球で取り組んでおります。

企業法務については,事業譲渡契約書・秘密保持契約書等の契約書の作成や,企業を当事者とする交渉・訴訟といった経験を積んでおり,企業の顧問としてのサービスも提供しております。

集中取扱い分野である交通事故・企業法務のみならず,どのような案件でも,依頼者とのコミュニケーションを大切にしており,依頼者の希望に沿った迅速かつ適切な対応ができるよう常に心掛けております。

人生経験においては至らぬ点もあることと思いますが,その分,強靭な体力・精神力・バイタリティをもって対応させていただきますので,何卒よろしくお願いいたします。

 

Copyright(c) 2017 弁護士法人 品川国際法律事務所 All Rights Reserved.